喫茶店で食事を作る仕事

私がこれまでに経験したアルバイトの中でも、喫茶店での仕事はとても有意義で勉強になる事も多くて楽しかったのです。

私は料理を作る事がほとんどできなかったのですが、喫茶店で仕事をしていると厨房スタッフが体調不良で出勤できなくなり、代わりに私が入ることになったのです。最初は躊躇していましたが、見よう見まねでキャベツを千切りしたり味噌汁を作ったりと、毎日少しずつスキルアップをしていきました。

そして、カレーの仕込みを一人でできるようになると、ほとんどのメニューが簡単なように思えてきたのです。そしてチャーハンやオムライス等を作れるようになると、野菜炒めなども簡単にできるようになり、段々と厨房担当のようになっていったのです。

他の従業員の賄いの食事も作るようになって行きました。メニューに載っている食事だけでは面白くないので、厨房に残った食材をうまく使いアレンジした賄いなどを作るようになったのです。ただあまり美味しくないのが問題でしたが。