回転すし屋のアルバイト

学生の頃に回転寿司屋でアルバイトをしていました。地域限定の店舗でそれほど大きくはありませんが、よくお客さんが入るお店でした。

大学の授業が終わってから夜10時までのアルバイトでしたが、平日にもかかわらず夕ご飯を食べに来るお客さんで満席になりました。

僕も真ん中の厨房に立って注文が入れば寿司を握りました。本格的にシャリは握らず機械で決まった大きさでシャリが出来上がります。注文受けたら具を載せ形を整え皿に乗せてお客さんに出します。

仕事的には覚えてしまえばさほど難しくもなく、レシピを覚えることで素早くお客さんに寿司を提供することができました。毎月変わる新しいメニューは覚えるまで3日はかかりますが、毎回何度も握っていると自然と覚えていきました。

金額的にも安いお店ですので、大学の友達なども食べにきていましたし、僕が作った寿司を食べているのも不思議な感じがしました。まぁ味付けもすべてできあがっている状態ですので、美味しいのは当たり前ですが寿司を作っている自分が楽しめるアルバイトでした。