回転寿司アルバイト体験

私は二十歳頃に回転寿司のアルバイトをやっていました。
回転寿司のアルバイトをやった理由は、単純に寿司が好きだったこと、そして面接に何個か受けてやっと受かったのがこのバイト先だったからです。

私はこのアルバイトが始めてだったので、特に何の気の無しに面接を受けました。
実際に働いてみると、最初はとてもたいへんでした。
私は調理場の担当だったのですが、作業内容としては皿洗い、シャリ玉の機械でシャリ玉を貯める、巻物を作る、またテイクアウト用のお寿司も作っていました。
皿洗いも、毎日山ほどの皿を洗うことになります。
洗浄機を使うといっても、かなりの重労働です。
一番たいへんな作業は皿洗いでした。

他の回転寿司店はどうかは分かりませんが、私の店では大きな声を出すのが特徴でした。
お客さんが来店するたびに大きな声で「いらっしゃいませ!」、
お帰りの際は「ありがとうございました!」、と大きな声を出します。
慣れれば問題ありませんが、慣れるまではたいへんかもしれません。
回転寿司は良くも悪くもとても活気があり、なかなかハードなバイトでした。