図書館のアルバイト

私は学生時代図書館でアルバイトをしていました。主な活動内容は本棚を見て回って分類別に本が整理されているか確認したり、利用者が求めている本が自分の館にあれば探して取ってくるといったものでした。
私は当時学校で図書館司書の資格を取得するためのカリキュラムを組んでいましたので、図書館の仕組みにはある程度知識がありました。専門的な内容なのでわかりづらいことも多かったのですが、実際に作業をしてみると分類のことや運営のことなど色々なことがわかってきます。幸い私が働いた図書館には正規の司書がいましたので、その人に詳しい話を聞いてみることもできました。
この作業を通じて一番自分が伸びた力は集中力ですね。利用者は意外に不適当なところに本を置いたりしますので、それを見つける作業はかなり真剣さと地道さが要求されます。
あるかどうかわからない間違いを見つけるので当然ですね。それを延々と繰り返しているうちに、集中力が徐々に鍛えられてきました。図書館について学びながら働けるのは、勉強においても効果があってこのアルバイトをしてよかったと思いました。