国際交流サークルに

留学生の日本での生活をサポートする国際交流サークルに所属していました。具体的な活動としては、一緒に観光や旅行をしたり、スポーツや料理のイベントを開催したりしました。また、日本語と留学生の母語を教え合うラングエッジエクスチェンジや、週に一回授業のサポート、相談会もしていました。世界各国からいろいろな留学生をサポートする機会があり、楽しい思い出を作ることができたと同時にとてもたくさんのことを学びました。文化が異なるということは多くの問題を生みます。寮の共有の台所で髪を切ったら怒られたというベトナム人留学生、日本人がいつもにこにこして黙っているから本心が分からなくてストレスをためるロシア人留学生。国の違いのみならず、個人個人の考え方の違いでたくさん対立しました。でも、美味しいご飯や面白いゲーム、きれいな景色は皆で同じように一緒に楽しめました。一番大切なことは、その人個人を良く知って向き合い、何か一緒に楽しめるものを共有することだと学びました。