土建屋さんでアルバイトをする

時給の高さにつられて土建業のアルバイトをやりました。体力系の仕事が私にできるのかどうか未知数でしたが、やってみなければ分からないので挑戦してみることにしました。

土建業者はどこでも良かったのですが、たまたま募集広告が出ていた土建屋さんに決めたのです。取り扱い業種は一般的な土木業となっていたので、どのような作業が待っているのか予測が付かない状況です。

実際に現場に出てみると、重機で穴を掘って鉄筋を差し込んだり、木材で枠を作ってコンクリートを流し込むなど、本格的な建物の土台を作っていく作業です。いくつかの仕事ではスキルが必要になることから、私の出番はないのです。

その時は、建設している地域の周りで歩いている一般住民の安全確保に努めるのです。不要な資材をゴミに集めて、必要な材料を使いやすく移動するのが私の仕事です。そしてもう一つは、食事時間には自販機に行ってお茶などを人数分買ってくるのです。この使いっ走りと、トラックの運転が私のメインの仕事だったのです。