圧迫面接の意義

大学時代の就職活動の時です。面接を受けた時にいわゆる圧迫面接という様なものを受けました。答えたことに対して「それはなぜそう思うのですか。ほかに方法ななかったのですか。それがなかったらどうするんですか」とういうようにこっちの逃げ道がなくなるほどに追及してくるのです。私は初めてだったのでしどろもどろになり、言葉少なくなり、結局うまくは答えられませんでした。当然その面接は落ちたのですが、圧迫面接の意義はよくわからないなあと思いました。窮地に立たされて自分を出せる学生なんてそういないと思います。社会人になって仕事をしているときにトラブルに見舞われた時の対処ができるか
というような対応能力を見ている場合が多いかと思うのですが。就職の面接で圧迫されるのと、仕事で局面を迎えるのは同じ場合と言えるのでしょうか。何だか違うような気もしますが、その考え方に同意できない自分はその会社に合ってないということなのだなと思いました。結局その会社には知り合いが二人ほど就職しましたが、確かに圧迫面接にも動じないような面々でなるほどと思いました。圧迫面接はどんなことにも動じないような人材が欲しい場合にはやはり必要なのかもしれません。