圧迫面接は結構好きだったりする

「圧迫面接」というものが問題になったりしています。
就活生に嫌なことばかり言ったり
言うことを全否定されたり、
精神的に負担をかけて行う面接です。

私は、個人的には
圧迫面接をされるのは結構好きだったりします。

なぜなら受け答えが圧倒的に楽だからです。

例えば学生時代に何をしていたのか聞かれて、
答えて、
それを単純に
「それはすごいねー」
なんて褒められてしまうと
もうそれ以上、言葉が出なくなってしまいます。
私は人見知りなので
「あ、あ、あ、そうですか、あざっす、ウへへ」
くらいの返事しか出来ません。

でも、圧迫面接で
何を言っても
「それはおかしい」「それだとダメだ」
と否定してもらえると、
「確かにそういう部分もありますが、
私はここをこのようにして~~~
このようになりました」
などのように
次の言葉がさらさら出やすいのです。

だから個人的に圧迫面接をしてくれた方がほっとします。

ちなみに私が現在勤めている会社の最終面接は
圧迫面接でしたが、
入社初日、その面接官の方が同一人物とは思えないほど優しくて、ちょっと驚いたものでした。