地元ではなく東京で試験を受けました

危険物取扱者の資格を持っていると、ガソリンスタンドなどで働く時に手当てが付くというので、資格を取る事に決めました。
危険物取扱者の資格は地元でも取る事が出来たのですが、私はあえて東京で取る事にしたのです。
その理由は色々あり、その一つが試験の回数です。
地元では月に一回ぐらいしか試験がなく、試験の落ちてしまうと一か月待つしかないのです。
それではらちが空かないので、一か月に何回も試験がある東京で受験する事にしました。
東京の試験場では合格発表が試験当日に行われますので、結果がすぐに分かって良いと思いました。
更にもう一つ東京で受けた理由で大きいのが、試験に合格した時にもらえる免状に東京と記載されることです。
私は東京かぶれという訳ではないのですが、東京に憧れを抱いているのです。
ですから免状に東京と記載されるだけで、私は嬉しかったのです。
そんなこんなで危険物取扱者の試験に一発で合格して、私は見事に東京と記載された免状を手に入れる事が出来たのです。