地獄で終わるものと思っていたのに

夕方からバイトが入っているにも関わらず、その日は朝から二試合も知人の草野球チームの試合に参加していた私。仕方がない理由はあったものの、バイト中は後悔させられていました。試合が終わり、帰ってからできたのはシャワーを浴びることくらい。仮眠を取る暇もありませんでした。いつも通り、バイト前の朝礼が始まります。その時の声出しは、つい2時間ほど前まで野球をしていたこともありとても大きいものでした。いつもはそこまで大きくないだけに、社員さんに褒められました。しかし、絶好調だったのはその時まで、その後の調子は見事な下降線を描いていきました。
フラフラになりながらバイトを続ける私。そんな私の前に現れたのは、さっきまで草野球をしていたチームのメンバーでした。大会を優勝で終えることができたものの、すぐに去らなくてはならなかった私の激励に来たということでした。差し入れとかももらえたのですが、バイト中なので飲めません。しかし、その時の嬉しさは疲れを吹き飛ばすのには十分なものでした。今度祝勝会をするので参加して欲しいと言われ、その後の私の調子は復活していきました。