地道な作業ですが楽しかった

私は、アパートに一人暮らしをしていました。やはり、家賃を払う分は自分でアルバイトをしないと厳しく、ちょっと自分の洋服を買うにも、お金が足りませんでした。
そこで、アパートの近くになる、割烹料理屋さんで皿洗いのアルバイトの募集をしていることを知り、早速応募しました。
皿洗いだから、そんなに頭を使うこともないし、楽だろうと考えていましたが、やはり、仕事ですから、そんなことは無く、かなり厳しいものでした。
お皿やガラス瓶の種類によって、洗うスポンジが全て違ったり、洗い方も、ここから先に荒いという順番まで決まっていたり、これはここに戻すなどたくさん、覚えることもありました。
一気に団体のお客さんが帰るので、一気にお皿や敏などがつぎつぎと返されていい来ました。
早く、洗わないと、流しいっぱいでおき場所が無いくらいのお皿たちに囲まれたりは、何回もありました。
このバイトは、自分との戦いだなといつも思っており、お金のためにもがんばりました。