型枠大工のバイトは辛いけど達成感がすごい

今私は知り合いの型枠大工さんのところでアルバイトをしています。
もちろんアルバイトですので、型枠を作ったり設置したりするのではなく、主な仕事は雑用。
だいたい型枠を指定されたところまで運んだり、生コンを型枠の中に入れた後、養生シートを張ったりとかやってます。
しかし現在は真夏。外での仕事は暑さとの戦いです。
仕事は朝の8時から夕方の5時まで。
さすがにこの暑さですので何回も休憩時間がありますが、水分補給しておかないと持ちません。
この間なんて1日で500mlのペットボトル6本分の水分を取ってました。
しかし型枠大工さんのところでのアルバイトってほんと肉体労働です。
型枠って小さいものだったらたぶん1キロぐらいで簡単にもてるのですけど、600ミリの大きな型枠とかになると1つだけで20キロぐらいあるのです。
それを型枠置き場から型枠を設置するところまで運んでいくのですからとてつもなくきついのです。
でもこのきつい仕事をやるからこそ建物の土台ができると思うと、達成感は得られます。