塾講師のアルバイト

私は大学時代に個別指導塾で講師をしました。個別指導の塾は、大勢の前に立って講義をするのではなく、一時間に1~2名を教えるという方法で、勉強が苦手だという子を中心に教えていました。
私が担当したのは、主に中学生で、英語を教えました。

自分が大学受験を突破したばかりだったので、まだ知識はあったのですが、わからないという子に勉強の楽しさ、わかりやすく説明することがとても難しかったです。
中学3年生の子で、中学1年生程度の段階でつまづいている子もいました。

少しでも成績が上がるように、勉強が楽しくなるように一生懸命教え、志望校に合格したという知らせを聞いた時には、こちらもとても嬉しかったです。
その時18歳でまだ成人していなかったのですが、講師のアルバイトを通して、自分も大人と同じように責任を求められていると感じました。

アルバイトをすることで、自分がしっかりとしてきたと思いますし、責任感を強く持ち、やりとげることを学んだと思います。