増加傾向にある在宅型のアルバイト

ここ最近では、在宅勤務と呼ばれるものが本当に増えてきていると思います。インターネットでアルバイトに関する求人広告を色々と見ていますと、たまに在宅勤務とアピールされているものがあります。その件数が、最近どこか増えてきているように思うのです。
思えばアメリカなどでは、最近は一部の企業は在宅勤務を積極的に採用している状況だそうです。その影響からか、
最近では日本でも在宅勤務のアルバイト広告を見かける頻度が増えてきていると感じますね。
それはアルバイトの他に、正社員の方々も同様だそうです。働くスタイルが、だんだんと在宅型に変化しつつある訳ですね。
しかしまだ現段階では、在宅勤務のアルバイトの割合は少ない状況でもあります。割合は徐々に増えてきているのですが、それが大々的に広まるまでにはしばらく時間がかかりそうな気がします。
個人的にはあと10年ぐらい経過すると、在宅勤務のアルバイトがかなり増加する予感がします。