夏のキャンプでも、やっぱり料理上手な女子は得?

大学のサークルで夏休み、キャンプに行きました。

2泊3日くらいだったでしょうか。

 

山の中にあるキャンプ場に貸し切りバスで行き、班ごとに食事を作ります。

1日目の夕食は女子が各自2個ずつくらい作ってきたお弁当がランダムに割り当てられます。

私の当たったお弁当は揚げ物中心でしたが「油がベトベトだ」と同じお弁当が当たった人が文句を言っていました。

私もそう思いましたが、誰か分かりませんが、作った方に気の毒なので黙って食べましたよ!

 

私は何のお弁当を作ったのかはスッポリ忘れています。

きっと母が作ってくれたのではないでしょうか?

 

翌朝は班ごとに味噌、ネギ、卵、米、玉ねぎなどが支給され、朝ごはんを作るところから始まります。

同じ班に料理のうまい女性の先輩がいて、味噌汁を食べてみると各自のお椀に半熟卵が落としてありました!

味噌汁の余熱で半熟にしたのだとか。

初めてそんな味噌汁を食べて感動し、1人暮らしをするようになってから、しばらくそればかり練習していました。

 

私は麦茶を沸かす係だったと思います。