夏限定のアルバイト。海の家。

高校の夏、良く目にしたのが短期のアルバイトで夏と言えば海の家だったり冬ならゲレンデでのバイトであったりちょっと離れた場所でのバイトに憧れ、両親の田舎が千葉だったので知り合いを通じてバイトすることになりました。
短期間でのバイトで知り合いの家に寝泊まりをさせてもらい、生活費を入れながらバイトしていました。
良かったことは家から近い場所でバイトをするんではなく遠い地でのバイトになる為、一人暮らしではありませんが居候的にもはじめての経験が出来てそれを糧に一人暮らしを始める不安が無くなったのは事実です。
バイトは海の家に行けば分かる通り、飲食店なのでホールや厨房と色々やっていました。
憧れでいえば海の家になるので満喫して仕事が出来るのかと思っていたんですが正直そんなことも忙しくも淡々と仕事をしていた感じです。
ですが、終わった時や休憩時に海を眺めながら落ち着けたのは凄く印象に残っており、誰もが出来る経験でもないことが大人になった今分かったので、貴重な体験が出来て良かったなって思っています。
時間や自由があればもう一度そういう経験をしてみたいなって思っていたりします。