外の情報よりも今の自分を見よ

高校受験に関してではありますが、一昔前と比べたらずいぶん対策がしやすくなったように思えます。しかしそれは知っている人から見たことであり、やはり初めての受験ということになると保護者のほうが子どもよりも不安でいっぱいなことと思います。

多くの方は早く情報を欲しがるかと思います。しかし、私は情報よりも現在の学力はどうかということに着目するべきと考えています。

そもそも公立高校の入試は教科書に出ている内容から問題が構成されているので、まず学校の勉強が分かるかどうかがポイントになってきます。外の情報ももちろん大事ではありますが、最終的には自分の学力を上げる必要がある受験生がほとんどなので、これに目を向けないことにはスタートが切れません。

近年の傾向としては、当日点に重きを置いているところが増えてきているので、やはり学力の底上げは必須になってきています。面接を行うところも多いですが、はっきりいってよほどのことがない限り優劣はつきません。

まだ受験生でないのであれば、日頃の学習にこそやはり力を入れておくべきでしょう。