外国語学部の受験対策のために高校の英語の先生に英会話を指導してもらったこと

  私は大学は公募推薦で外国語学部を受験しました。
  ネイティブスピーカーの先生とも面接で話をしなければならなかったので、英語の先生に頼んで受験対策として英会話の練習をしてもらうことにしました。
  英会話の練習は週に何度か、放課後に行いました。
  普段の英語の授業では細かいところは注意されませんが、最初に発音を徹底的に直されました。
  そして、英文の読み方を教えてもらいました。
  英語の授業とは違った英会話の練習はとても受験対策として役に立ち、リスニングやスピーキングの良い練習になりました。
  残念ながら受験の結果は不合格でしたが、時間を作って熱心に指導してくれた英語の先生にはとても感謝していますし、受験対策として学んだことはこれからの英語の勉強にも役立つと思います。
  特に発音の仕方などは独学ではなかなか悪いところに気付けなかったので、直すきっかけとなって良かったです。
  結局私は経営学部に進学しましたが、この時学んだことを意識しながら英語の勉強は続けています。