多くの企業はアルバイト募集でフリーターを積極的に雇用

アルバイトとして応募してきている方々の社会的属性には、色々なものがあります。フリーターや学生や主婦や社会人など、本当に色々な方々が応募してきている訳ですね。
ところで以前に、その属性に関するアンケートが実施された事がありました。多くの企業に対するアンケートだったのですが、「アルバイトを採用時にはどのような属性の方を積極的に雇用するか」という質問だったそうです。
その中で最も多かったのが、フリーターだそうです。つまり目先はアルバイターとして働くつもりがある方々ですね。上記のアンケートに回答した企業の約35%程度は、フリーターを積極的に採用するという状況だったそうです。ちなみに学生や社会人や主婦といった属性の場合は、それぞれ約20%程度だったそうです。つまり多くの企業では、主にフリーターの方々を積極的に採用しているという訳ですね。
考えてみるとフリーターの方が、学生よりも多くのシフトに入れる事も多いかと思います。勤怠が理由で、フリーターを積極的にアルバイト雇用している事が多いのではないでしょうか。