夜のお店にのめり込む友人

大学生活では何かとお酒を飲む事が多いのですが、仲間内でお酒を飲んでいると女性を呼びたくなります。楽しいお酒が飲める女性が思いつくときには、呼ぶ事もありますが、中々そういうチャンスはないので、自分たちで女性が接客するようなお店に行きます。

月に何度か行くのですが、楽しくはあるが何度も通うことはないので、中々親しくなれないという状況です。やっぱり週に1回程度顔を出して馴染みの客になるには、お金が続かないのです。

そんな状況のはずなのに、何度もお店に通ってのめり込む友人もいました。どこからお金があるのか不思議だったのですが、そのような女性がお酌をしてくれるお店に通うようになると、仲間内での遊びに行く頻度も減れば、彼女を作るようなチャンスも激減します。

彼女がいなくても話を聞いてくれる女性がいると考えていたようですが、結果として周りの友人達が彼女を見つけて結婚していく中、その友人だけは、いつまでも彼女ができなかったのです。