夜のアルバイト。

一度、夜のお店に憧れがあり、試しにと思いキャバクラの黒服のバイトをしました。
黒服とはキャバクラで働く女性のサポート役であり、身の回りの事をサポートしながら女の子とお客さんが楽しんでもらえるような場を提供する作業になり、時には外へ出て客引きしたり、中ではお酒を作ったりする厨房にホールと忙しくしていました。
人生勉強になったのは言うまでもないんですがこれが割と大変でした。
その時はこれを気に夜の世界で楽しく働けるならホストにでもなろうかと思っていたほどでしたが大変さを断念しました。
色んな情報や人との接客による付き合い方のスキルが身がけたのは今の財産だと思っています。
それともう一つ勉強になったのは女の子の裏の顔。
表では仕事上、笑顔で上手に付き合っていますが裏では不満や悪口の嵐。
この時ばかりは女の怖さを知りました。
それを毎日見ていて側で触れていたことから女の子を扱う技術が身に着いたのは良かった点です。
今は結婚して家族で幸せに生活していますが奥さんと知り合ったのがナンパだったのでその技術が役立って今があるのかなって時々感じています。