夜通しドライブ

大学時代の時に、夜通しでドライブをしたことがあります。
車二台をレンタルして、サークルの先輩たちと夜通しでドライブをしました。
初めは調子がよかったのですがだんだんと天気が悪くなり、雨の中の首都高速を走りました。
私は当時まだ免許を持っていなかったので運転は先輩任せでしたが、その先輩も普段は運転していないペーパードライバーだったのでなかなかのスリルでした。
場所は実は今となってはあまりよく覚えていないのですが大黒埠頭の方に行きました。
そもそも目的地のないドライブだった気がします。そこがまた、学生らしいところでもあるのですが。
朝方、運転している先輩は車に寝かせて私は友人と電話ボックスの中でで朝まで語りました。
翌朝のファーストフードでの朝食のだるかったことをよく覚えています。
一晩足を横にして寝ないとこんなにだるいんだということを思い知った体験でした。
高速道路を走っているときは本当に土砂降りだったので、生きた心地がしませんでしたがそういう経験こそ今となっては学生らしいなあとしみじみ思い出します。