大事な仲間がたくさんできました。

高校までは田舎でずっと育ちました。そのため、幼いときから知っている人ばかりで、高校生になっても昔から仲良しグループはそのまんまという感じでした。あまり積極的でない私は結局どこのグループにも属せず、ただ何となくで付き合っていることがほとんどでした。退屈でした。

大学生になり、状況は一変しました。回りには私の知らない人ばかり、私のことも知らない人ばかりです。大学デビューではないですが、新しい友達探しに没頭しました。学部が一緒であったり、ゼミが一緒であったりとたくさんの友人ができました。

大学生になって付き合いが違うなと感じたのはやはりお酒の場があることです。今までは本音で話なんてしたことありませんでした。しかし、お酒げ入るとみんな本音でぶつかれます。結果、本当の友人になれました。

大学を卒業しても、多くの大学の時の友人と連絡を取り合っています。大学という環境でたくさんの出会いがあり私の生活は楽しいものとなりました。本当に大学にいって良かったと思っています。