大人買いをされたお客さん

本も売っているお店でバイトをしていましたが、たまに現れるお客さんが大人買いをするお客さんでした。毎回同じ人というわけではないのですが、2か月に一度くらい現れました。お店としてはまとまった売上になるのでありがたいことです。ただ、数が多いので従業員としてはちょっと戸惑ってしまいました。
あるお客さんが大人買いをされました。同じ漫画が十数冊あります。手が空いている従業員が他にいればカバーを外すのを手伝ってもらいます。ここまではいつものことでした。しかし、いつもの流れで聞いてしまった一言が悲劇を生みます。「カバーはいかがいたしましょうか。」と聞いてしまったのです。本を購入されたお客さんには常に聞く一言です。なので、流れで聞いただけなのです。数も多いし、漫画なのでいらないかなと思ったのですが、予想外に「お願いします。」と応えられてしまいました。一枚一枚カバーを折っていくことになります。同僚にも手伝ってもらいましたが、結果10分くらいそのお客さんの接客をしていました。