大会の思い出

自分は運動系のサークルに所属しているのですが、サークルなだけあって毎回あまりそろわず、また活動中もどっちかというとおしゃべりのほうが多い感じでした。その雰囲気に自分はもう少し競技に集中しても良いではないかと思っていました。そんな時に1月後に大会に参加することが決まりました。ですが、やはり活動は変わらず日々は過ぎていきました。しかし、その中でキャプテンを中心に今までの活動を見直す動きが出てきました。その結果、サークルは徐々に活気に満ちていき参加率もどんどん上がっていき、さらには朝練まで始まりました。大会までの期間はとても充実した時間をチームみんなで共有することができました。この勢いのまま大会でもあわゆくば一勝をと思いましたがさすがに付け焼刃ではどうにもならず一勝もできずに大会を終えました。しかし、大会ではみんな今までに見たこともないような真剣な顔をしており自分は一体感に酔っていました。試合は負けましたが大学まで行ってこのような思いができるサークル活動はやっぱり良いなと思いました。