大変だけど楽しい学園祭

私の高校時代の学園祭は忙しかったという記憶があります。フランクフルトを売るだけなのですが、品物を出すまでが結構大変で、一日中学校を走り回っていました。
フランクフルトを売るにあたってやらなければいけないことがいくつかあります。
調理室でフランクフルトを茹でて、それを売り場に持って行って焼くんです。単純な作業に思えますが、行ったり来たりの行動は意外と疲れるもので、時間との戦いにもなりました。学園祭なので様々な人が来ており、品切れなんてことになったら悪いですよね。だから必死に茹でて焼いてを繰り返して売っていました。
もちろん店員は私だけではありません。他にも数人いるのですが、人数が少なすぎて結構バタバタしていました。私はやりがいを感じていたからいいですけど、他の人たちは早く学園内を回りたいと思っていたかもしれません。
大変な思いもしましたが、それでも学園祭は楽しいという記憶の方が強いです。学園祭なら年に何回あっても飽きないと思いました。