大変だった就活での面接

就活をしていた頃、一番苦労したのは面接です。
私は人見知りのあがり症なので、面接で失敗してしまうことが多かったのです。
一番よく覚えていることがあります。
就活中、第一志望の就職先に筆記試験が通り、面接試験までこぎつけることが出来ました。
良いところを見せようと事前に面接対策として、回答をノートにまとめる等していきました。
しかし、面と向かって人と話す練習をしてこなかったので、結果は散々でした。
思わぬことを聞かれると固まってしまい、うまく言葉が出てきません。
面接官の人からも「落ち着いて、緊張しないで話して」と言われてしまい、恥ずかしくて泣き出しそうでした。
しかし、次からの面接ではその経験から学び、まずは固くならず、リラックスして面接を受けるようにしました。
そうすることで面接がだんだんうまくいくようになりました。
はじめからちゃんと、恥ずかしがらずに友達などと練習を重ねていけばよかったなと思います。
結果的には最初の面接のときにはとても良い勉強をさせてもらったと思うので、面接官の方々には感謝しています。