大好きだった場所

大学時代大好きだった場所があります。
それは学校の図書館です。
大学の図書館はとても広くてきれいで、何よりも数多くの様々な種類の書籍が置いてありました。
もともと私は本が好きで、いろいろな図書館によく行っていたので大学の図書館を利用できるようになりとても嬉しく良く通っていました。
だいたい講義と講義の間の半端な空き時間は図書館に行って過ごしていたように思います。
レポートをまとめたり、友人達と資料を作ったり、何もなければただ本を読んだりしていました。
学生生活はとても楽しかったのですが、毎日がめまぐるしく忙しく過ぎていくので図書館に行くことはその時の自分には必要なことでした。
図書館は時間がゆっくりと静かに流れています。
なのでいつも私はそこで一息つき、また忙しい時間の中に戻っていきました。
色々な本を読んでたくさんの知識を得たつもりでしたが、残念ながら今はそのほとんどを覚えていません。
ですがその図書館の空気は今でも懐かしく思い出されます。