大妻女子大学について

大妻女子大学は「恥を知れ」を教訓とした大妻コタカによって1908年に創立された女子大学です。大学は家政学部(被服学科・食物学科・児童学科・ライフデザイン学科)、文学部(日本文学科・英文学科・コミュニケーション文化学科)、社会情報学部(社会生活情報学専攻・環境情報学専攻・情報デザイン専攻)、人間関係学部(社会学専攻・社会・臨床心理学専攻・人間福祉学専攻・介護福祉学専攻)、比較文化学部(アジア文化コース・アメリカ文化コース・ヨーロッパ文化コース)、短期大学部(家政科・国文科・英文科)、大学院(人間文化研究科)、研究所(人間生活文化研究所・草稿・テキスト研究所)、付属に4つの中学高等学校を持っています。(分校に函館大妻高等学校があります。)
出身者には桂望実や原田ひ香、杏子などがいます。
キャンパスは千代田と狭山台と多摩にあり、来年度には老朽化で立て替えていた寮がリニューアルオープンします。
最寄り駅は飲食店やコンビニがあるが大学周辺は商業施設は無く落ち着いた環境です。