大学での友人関係

高校までの学生は基本的に友達づきあいはクラスの人だと思います。部活をやっていても、その中にクラスの友達がいることも多いでしょう。
しかし、大学は違います。授業を受けたり試験勉強を共にする学科の友達、サークルの友達、バイトの友達、研究室の友達、他校の友達などなど、自分のアクション次第でたくさんの世界でいろいろな友達を作ることができます。人間関係が広がるので高校時代の狭い世界とは大違いだと思いました。
一番良かったなと思うことは、友人関係で嫌なことがあっても、他で楽しめるからいいやという心の余裕ができたことです。例えば学科の友人から嫌われても、私にはサークルがあるからそちらの友人とこれから楽しんで行こうと思えるのです。高校のときまではクラスが全てなのでそんな考えにはとてもなることができませんでした。
そんな風に心に余裕があったからこそ、本来の自分で友人と付き合うことができ、高校のときよりも深い人間関係を築くことができました。