大学での恋愛は本格的な交際への入り口

大学というと最も恋愛がしやすいところではないでしょうか。小中のように相手を見つけ難い環境ではありませんし、高校のように授業やら受験やらで時間を取られるということも比較的ありません。講義は1日3コマぐらいを確実に取っておけば卒業までこぎつけることが出来ますし、夏と冬にはおよそ2ヶ月にも及ぶ休みがあります。
現に私も初めて女性とお付き合いしたのは大学時代のときでした。思えば入学式のときから、恋愛に対して高ぶった雰囲気があったような気がします。私は入学と同時に一人暮らしを始めたのですが、自分の自由意志で多くの物事を決断できるようになりましたので、その判断の一つに恋愛というものがあり、より積極的な行動を取れたのではないかと思います。
最近では恋愛の早期化が進んでいるようで、小学生で彼女や彼氏がいるという子も多いようです。しかし、多くの人にとっては高校や大学が恋愛への入り口であり、特に大学での交際相手は結婚をも意識する場合が多いので、将来をきちんと見据えた本格的なお付き合いというのは今でも大学がスタート地点になっているのではないかと思います。