大学でテレビドラマのロケがあったときの思い出

大学の研究室時代は毎日勉強に明け暮れていましたが、その中でも思い出深いのがテレビドラマのロケで芸能人が大学にやってきたときのことです。福山雅治がやってくるということでしたが、私のいた研究室がちょうどロケ場所を見下ろせる部屋でした。友人知人はもちろん知らない女の子や大学の先生の奥さんまでが研究室に寿司詰めになってロケの様子を窓から眺めていました。
そのドラマのプロデューサーが私の出身大学のOBだそうで、珍しくロケ地に選ばれたらしいのです。

でも、普段は静かな研究棟もその日だけは人が多く、なんだか不思議な雰囲気でした。
見下ろせる窓のところは女性に完全に占領されてしまっていたため、一階に降りて友人と遠巻きにロケの様子を眺めていましたが、そのドラマに共演していた女優さんと目が合ったのがなんとも印象的でした。名前も知らない方でしたが、周囲とはまるで違う雰囲気のきれいな方で、芸能人のオーラというものがあることをそのときに実感しました。