大学で知り合った留学生との交流

大学生の私にとって留学生は不思議な存在でした。
英語をペラペラと話して、さらに中国語や韓国語を話し、日本人とも自分の国以外の人とも付き合っている不思議な存在です。

それが興味深くてフランスからの留学生と仲良くなりました。
そういえば大学3年になってゼミに入った時、外国人と付き合っている人が同じゼミでした。
高校ではこんなことあり得ません。

「生まれたところが違うだけ」なんてレベルの違いではなく何もかもが異なります。
例えば、私の部屋はフローリングに畳のゴザをひいていましたが、その事だけでももう凄いオーバーリアクションです。
よく言えば素直というのか、何でもはっきりと伝えてくるので始めの内は戸惑いましたが、慣れれば「なんで今まで自分の気持ちを押し殺していたのだろうか」なんて思えるようになり、不思議と会話も弾みました。

あとはフランス人だからと言ってフランスの代表ではないことも知りました。
私にはアメリカ人のような感じがしましから、外国人を一括りに語ることや、何よりも国籍でその人を判断することを愚かさも知りました。