大学と高校の違いに戸惑った

私は大学生になる前、大学は高校とは全く違うというイメージを持っていました。
実際に通ってみた感想はまさにその通りで、大学は高校よりもオープンな感じがして通いやすかったです。もちろん学生の本分は勉強ですから、勉強メインに生活を考えていかなければなりませんが、その勉強ひとつにしても内容が全く違っていて最初は慣れずに苦労することもありました。新しい知識を身に着けることが面倒だと思ってサボったこともありますが、それはそれで良い経験になり、一度休めばついていくことが大変ということを学びました。
高校の時は一日休んでも友人にノートを写させてもらえばいいから気楽なものでしたが、大学ともなるとノートを写しただけでは簡単についていけないため、私は一度でもサボったことを後悔して、それ以降なるべく休まないように努力しました。
社会人になるためにはひとつの取りこぼしもいけないのだと、大学生になって初めて実感しました。でも堅苦しく考えてもストレスになるだけだから、たまには気楽に考えることも必要なんですよね。