大学に入ってアルバイトでの感動

大学に入って、まず最初に一番感動したことといえば自分でアルバイトを始めるようになり、稼いだお金を手にした時だったと思います。
大学生になって一人暮らしをするようになったのですが、親の仕送りだけでは教科書を買うことは出来ても、デートをしたり飲み会をするには少しお金が足りませんでした。
とりあえず求人誌でアルバイトを探してみて、夜遅くまで営業していたアパートに近くのスーパーマーケットで品出しのアルバイトをすることにしたのです。
アルバイトは毎日していたわけでは無かったですし、大学一年生の頃は授業が忙しかったこともあって少ししか頑張っていませんでしたが、初めてのアルバイト代は3万円強だったと思います。
今から思うと少ないお金でしたが、当時は時給700円程度で一生懸命に頑張って稼いだお金だったので、初めて自分でアルバイトをして頑張ったお金だと思うと物凄く感激しました。
そのお給料を活かして、大学に通うために便利なA4サイズのバッグを買ったことを覚えています。