大学のオープンキャンパスは受験に役立つ

大学に合格したら、何をしようかと考えながら受験勉強をしていたような気がします。
大学なんて全く想像が出来ない世界ですから、だからこそワクワク感がありました。

大学に行ったら何をしようかと考えたことがありますか。

受験勉強は1年以上の長い準備期間があります。
ですから何らかの形でもその期間中にモチベーションを維持させる方法が必要になります。
それが妄想というと何だか面白いのですが、オープンキャンパスに出るのも面白いです。

自分が大学に行ったら、なんて実際に大学に行ってみることが一番ですから実際に行ってみてからその場で想像力を働かせる方がより本格的な妄想になります。
私はオープンキャンパスに5大学参加しました。
東京の大学ですが、どれも違ったキャンパスであり、それゆえに楽しかったです。

もちろん文化祭、学園祭にも出かけました。
何でも良いので大学の空気というものを味わっておくと気分が変わります。
そして勉強に戻るのです。
11月頃が一番不安になりましたから、大学に潜り込んで勉強していました。