大学のゼミで学んだ思い出

私は大学時代に福祉を専攻していたのですが、3回生になった時に自分が専攻するゼミを選びます。
80人程度の学生が、7人の先生に別れて勉強をするのですが、私は児童福祉に興味があり、それに詳しい先生を選びました。
同じゼミの同級生は9人だったのですが、その9人で2年間学びました。

ゼミでは授業で意見を交わすだけでなく、旅行に行ったり、飲み会をしたりして、仲間との関係を深めていました。私のゼミではお菓子を食べたり、飲み物を飲みながらも良いということになっていて、リラックスした中で学習していました。

日ごろ一緒に行動している人は、自分と似たような友達だったのですが、ゼミには色々なキャラクターの人がいておもしろかったです。すごいテンションが高くておたくな子がいたり、真面目すぎるタイプがいたりして、それぞれのキャラクターが活きているなと感じました。

ゼミで仲間との交流を深めることができ、なかなか会えなくなった今でも、大事に思っています。
年を重ねた時に同窓会ができるのが、今から楽しみです。