大学の先生に不幸があった

私が大学に通っているときに、経済学関連の授業を受け持っている先生の家族に不幸があったのです。お年寄りが天寿を全うしたというパターンではなく事故があったのです。なので、同じ学部の生徒の間でも話題になったのです。

告別式の時間の前までに、多くの生徒達が知ることになったのですが、ここで告別式に参列するべきかどうかで迷ったのです。私達が全員行くとなれば100人以上は押しかけてしまうことになるかもしれません。

なので自粛した方が良いという人もいたり、自分で決めきれないといった人ばかりでした。なのでここは相談できる人としては、ゼミの先生が良いと思ってその答えを聞いたのです。

すると..「気持ちだけで十分だから行かなくても良い」と言っていました。今になって思えば、告別式の参拝者はある程度予想してお返しを準備するはずなので、急に100人以上増えると混乱してしまったと思うのです。

なので、私達の気持ちをゼミの先生に託したような感じになりました。これがベストな選択だったと思うのです。