大学の先生のお試し期間

大学の授業には必須授業と、自分で選択する選択授業とがありました。前者は強制的に決められているのでどうすることも出来ませんでしたが、後者については自分で自由に選択できます。しかし、選択できるとは言っても授業内容が分からないのであれば、学生にとってはうれしいものとは言えません。授業概要は発表されていますが、堅苦しい表現が並んだ分かりにくいもの。判断材料とはしにくいものです。そこで大学は1週間のお試し期間を設けています。1週間の間に授業を受けてみて、受講する授業を決めるのです。
先生のお試し期間というと先生に対して失礼な気がしますが、学生にとってはとても大切な期間でした。受講するかどうかは分からないけどとりあえず授業に行ってみる、時間が重なって行けない場合は友人や知人から情報を得るといった感じでした。この1週間に得られた情報を元にした決定が、後の期末試験を楽にしてくれるかどうかを決めるのですから当然です。この時期はテスト期間に次いで忙しかった気がします。