大学の友達

大学時代にできた初めての同性の友達とは、趣味が似ていました。
そういうことは珍しく、高校でやっと会えたくらいだったので、まさか大学でこんなにあっさり会えるとは思ってもいませんでした。
その友人とはいつも一緒にいて、休み時間の間はいつも趣味の話題でした。
こんなにガッツリ話せる人と出会えるというのもなかなかないので、恵まれているなと実感しました。
そのうちに、同じ趣味を持つ友人が他にもできました。
私、こんなに恵まれていいのだろうかと、心の中で何度も思いました。
幸せな毎日でした。
毎日毎日、自分の好きなことを思いっきり話せるのです。
それだけで幸せでした。
大学に入る頃は不安しかなかったのに、友達ができてからは、この大学に入ってよかった、この学科に入ってよかったと思えました。
友達をつくるためにこの学科に入ったわけではないですが、やはり、いるに越したことはありません。
4年間、ずっと同じメンバーで過ごしました。
特別なことはしなかったかもしれないけど、あの毎日一緒にいた時間が宝物です。