大学の友達は永遠の友

大学に進学すると地元の友達が居ないので寂しいなぁと思っていました。小学生ではありませんが友達できるかな?という気分でした。

学生番号順に並んで大学生活についての話があるのですが、いつの間にか学生番号の近い人と仲良くなっていくんですよね。サークルが同じだったりすると仲間が増え、仲の良い友達ともランチをしたり夜一緒に遊んだりすると、いつの間にか友達は増えていました。

お互い地方から出て来ている人が多いので、同じような心境なのかもしれません。寂しいというよりも一緒にいると楽しい仲間がどんどん増えたと思います。大学も卒業が近くなるとそれぞれの進路が決まっていますので、バラバラになってしまいます。

しかし大学での友達は社会人になってからでも何かしら繋がっているものです。青春時代を馬鹿な事をしながら生活した最高の思い出を共有できているので永遠に友達なのでしょう。

大学生時代のイメージが頭の中に残っていますが、自分も含めてみんな大人になったのでしょう。