大学の受験をした事について

受験としては大学受験を思い出すことがありますが、現在と以前では大学受験もかなり変わってきているようです。
予備校の閉鎖等のニュースが話題となっているように今は浪人生が減少しており、誰もが大学へ入学することができる全入の時代に様変わりしています。
また一般受験の他に推薦以外にもAO入試が実施されている点が以前とは大きく違う点になります。こうして一般的な受験の経験をしないで大学生になる方々が増えてきているようです。
こうした点がいいのか良くないのかは判断できませんが、大学へ入ることのみが道ではなくその他にも色々な道があり、周りが評価するようになればいいと感じます。
これだけ多くの人が大学に入学できると、上位の偏差値の高い大学を除くとその価値はあまりないといえます。やりたいことがあれば、大学へは行かずに専門的な技術を習得したりすることも有効です。
また大学に入るため、一般受験をした経験は無駄ではない事はもちろんです。