大学の学費のために働き始めて

働くということをそこまで深く考えていなかった高校生でしたが、高校卒業と同時にアルバイトを始めました。
浪人生になったので大学の学費くらいは自分で稼がなくては、と思って始めたのですが、その結果アルバイトばかりに気がいって、勉強にならずに3年くらい一人暮らしをしました。

その間もアルバイトを続けていたのですが、スーパーや短期のアルバイト、警備などをしながら100万円以上貯めました。
意外とアルバイトでもお金が稼げます。
その事を知りませんでした。

そして例えば、1万円を稼ぐのがどれだけ大変かということも知りました。
1日8時間働いても1万円も稼げませんから、働いてお金を稼ぐというのは想像以上に大変でした。
それでも生活のために、自分の将来のために必死になって働いていました。

働くことに生きがいを感じるほど楽しい仕事ではありませんでしたが、やはりお金をもらえるというのは張り合いがあって良いものです。
その事は勉強しているだけでは気が付かなかったと思います。