大学の時にできた友達と一番仲が良い

中学や高校など今までたくさんの友達ができましたが、一番頻繁にやり取りしているのは大学の時の友達です。
中学や高校の時はたまたまクラスで一緒だった人と仲良くなることが多いですが、大学にはほとんどクラスがないので自分から友達を作らなくてはいけません。
そうなると自分と似た雰囲気の人に声をかけますよね。
そのため大学には趣味や価値観が似ている友達が多く、卒業した今でもお互いの近況を報告しあったりしているんです。
大学生の頃はお互いの家に遊びに行ったりしていました。
一人暮らししている人が多かったので、泊まって恋愛トークなどを一日中していたのは懐かしい思い出です。
それから就活の時期になるとみんな将来への不安を持っていましたが、なんだかんだで無事内定をもらい就職することができました。
本当に何でも話せる友達に出会えたので、大学に行って良かったと思っています。
もし自分から声を掛けなかったら、充実した大学生活は送れなかったでしょうね。