大学の研究室の活動を就活に活かす。

就職活動において、学生の時に体験してきたことを
最大限にアピールすることは、とても大事なことにはなってきます。

企業の採用担当者にとって、会社の経営に貢献できる人間なのかを
冷静に見ていくのですが、その中で自分の積み重ねてきたことを
活かせると思えるのであれば、それは就活において大きな武器となりうるでしょう。

特に大学の時に研究室での活動があれば、なおさら強いものとなるでしょう。

いわゆるゼミ活動ですね。
ゼミでは大学の先生の専門分野に沿って活動がためされるかと思います。
その研究活動が企業の商品開発や事業活動につながったり、貢献できるものであれば、これ程強いものはありません。

よって、就活段階に入る前にゼミ活動=研究活動で自分が何を目指して活動するのか。
そして、結果的にどのような成果に結びついたのかを自分なりにまとめておくと就活段階でプラスになると思われるのです。

このような地道な活動を通して将来の仕事に活かすべく就活を行って欲しいのです。