大学の部活やサークル活動

大学生活といえば、学業が第一のはずがその他のいわゆる学生生活の方が
楽しくて仕方が無かった、というのが卒業してからの感想ですね。

社会人になってからの生活は、仕事上での変化を除いて
プライベートはまさに単調そのもの。
毎日遅くまで仕事をして、家には帰って寝るだけ、
休日も疲れを癒して来週の仕事へ備える、といった
まさしく仕事中心の生活スタイルへと激変します。
プライベートで友人が出来たり新しく人に出会うという機会は激減します。

学生生活で楽しかった事の多くの部分は
様々な人との出会いだったように思えます。
部活やサークルはそのような出会いの場でもありましたし、
実際にそこで出会った人々とは今も交流があったり、
中にはサークル内での恋愛話などもあり、
社会生活上の様々なコミュニケーションや人間関係を学ぶ場でもありました。

上下関係なども自然に学び、就職活動などで
お手本となったり、参考にさせて貰ったりと
その後の人生にも少なからず影響を与えられたのは
学業以外の場で出会った人たちも多かったですね。