大学の頃は遊びが楽しかった

大学時代、勉強よりも熱心に頑張っていたことと言えば遊びかもしれません。
長い人生の中でも、気心が知れた仲間たちと楽しく遊べたり、安いお酒でも本当に美味しく飲むことが出来たのは、大学生の頃だけだったかもしれません。
大学に入ったらサークルで活動があったり、アルバイトをするようになったので、高校生までの頃と比べると非常に出会いの幅が広がりましたし、自分のライフスタイルも高校生の頃と違って一変しました。
大学生活に入って一人暮らしをするようになったので、最初はアルバイトをしないで学業と一人での生活に慣れるだけでも大変でしたが、少しずつ自炊や洗濯を上手くこなせる習慣を付けることが出来たり、ホームシックにならなくなってきたので、夏ごろからはアルバイトをするようになりました。
アルバイトを始めてからは一気に自分で自由に使えるお金も増えましたし、お金が充実してくると遊びの計画やプランも増やすことが出来たので、飲んだり友達と出かける頻度もアップしました。