大学はサークルの活動内容まで自由

大学に入り、バレーボール同好会なるものに所属しました。
いわゆるサークルの一つですが、基本的には水泳部です。
水泳と言っても1年中やるわけではありませんから、冬場はマイナスになることもある地域では「水泳同好会」というよりも「バレーボール同好会」の方が良いのです。

そういった理由なのだと入ってから知りました。
とはいっても結構大きな団体ですから、登録している人も多かったです。
始めの内は真面目に出ていても、その内にいなくなり、最後には名前だけの人がほとんどのサークルだとも言えましたが、毎回違った人が来ていてそれはそれで面白かったですが、高校の頃の部活動を知るものとして何とも言えない不思議な気分になりました。

大学とはそういうものだということは知っていましたが、実際に体験してみると新しい発見をした気分になります。
大学は何から何まで自由ですから活動内容まで自由なサークルというのは慣れれば結構楽しいものでした。
部活動のギスギス感は嫌いでしたから、なおさら良かったです。