大学へは就職先を決めるための時間稼ぎで進学

大学生は自由で好きな事を何でもできると大人になったつもりで入学式を迎えました。勉強の為でもあり良い会社に就職するためでもあった大学進学。しかし勉強とアルバイトで1日は過ぎ去っていきます。学年が進むにつれて将来の不安も増してきた事を思い出します。1年生の時は4年間は長いと思っていましたが、3年生にもなると就職活動を始める友達が沢山出て来ます。色々な職業の説明会に参加して面接も何社もやっているのを見て、やりたい事は何なの?と思っていました。わたしも動かないと駄目だと思いましたが、どんな仕事をしたいのか自分でも分からずにいたのです。良い会社の定義がブレてしまい、最終的には給料が良くてボーナスもある。そんな企業を中心に選んでいましたね。やりたい仕事ではなく生活するために仕事を決めた事を覚えています。大学に行く事で今の仕事に就職できたのか?今考えると大学に行かなくても良かったのかも?と怖い事も考えたります。大学では就職について考える時間を得るために行ったのだと今は思っています。