大学を終えるとアルバイト

大学生の頃は、大学で授業を終えるとすぐアルバイトに向かうことが多かったです。
夕方ごろから夜の22時ごろまで、飲食店でアルバイトをしていたのですが、たくさんのお客さんと意思疎通しながら働くということは結構しんどかったです。
ただ、大学生はアルバイトを頑張っていることも多いですし、友達と何かおしゃべりをする時でもアルバイトの話題が出ることは多かったです。
アルバイトの愚痴をお互い言い合ったりはよくしましたが、アルバイトで稼いだお金を使って友達と飲みにいったり外食をしたり、たくさん良い思いを出来たのでアルバイトしておいてよかったなと思います。
大学生になると学内の活動だけではなく、他大学のサークルに足を運んだり、アルバイトをするなどして学外の活動が増えることも多かったです。
友達のツテを頼って他大学のサークルに参加したり、他大学の文化祭へ遊びに行ったりしたことも良くありました。
大学時代はアルバイトや学校だけでもたくさんの人との出会いや交流があったので、人脈が広がりました。